2009年9月30日水曜日

飼い主修行・コナ(6)

同じ犬を見ても、コナが吠え掛かる時と平然としている時があるのはどうして?

ずっと不思議に思っていました。

【画像1】

コナが犬を見て吠え掛かっています。

【画像2】

同じ犬を見ても平然としています。

何故???

トレーナーのMASUMIさんが、コナの心理を分析して下さいました。

画像1では、相手の犬は人間の前を歩いています。

画像2では、同じ犬が人間の後ろを歩いています。つまり、犬は人間に服従している姿勢で歩いています。同じ犬を見ても、その犬がその時どういう心理や姿勢で歩いているかで、コナの感じる恐怖が違ったのです。

コナは、人間の前を歩いている犬や人間を引っ張っている犬を見ると、より多くの恐怖を感じてセルフディフェンスしようと吠え掛かっていたのです。

私はそれまで、向こうから犬がやって来ると、それがどの犬かということしか見ていませんでした。でも、このコナの心理を知ってからは、他の犬の状態をもっと詳しく観察するようになりました。


逆に考えると、コナが私の後ろをおとなしく歩いていれば、他の犬がコナから感じる恐怖も少なくなり、コナが他の犬に吠えられる確率も低くなるということです。この散歩の仕方、いいことがいっぱいです!

English

2009年9月29日火曜日

飼い主修行・コナ(5)

コナのトレーナーさんは香港にいるのではなく、アメリカ在住のMASUMIさん。(MASUMIさんのmovie ←クリック!)

私たちはMASUMIさんのフィロソフィーに共感し、「コナの相談をするならこの人だ!」と思いました。でも・・・アメリカはコナを連れて会いに行くには遠すぎます。


そこで、MASUMIさんのメールセッションを受けることにしました。

トレーナーが実際に犬に会わないでトレーニングできるの?と疑問に思う方も多いかもしれません。

でも、コナの問題行動は、コマンドを教えて解決するものではなく、コナと私たちの絆の問題。トレーナーに預けたり、訓練所に入れることで私たちとコナの絆を強くすることはできません。MASUMIさんのアドバイスに従って「私たちがやるしかない!」と決意したのです。


これは、半月の間に受け取った、MASUMIさんからの詳細にわたる沢山のメールをプリントアウトしたもの。メールセッションの良さは、何度も読み返し復習できること。

トレーナーが犬に触らなくても、飼い主の意識が変わることで犬が変わるということをコナが証明してくれました。コナの例で、同じような悩みを持つ飼い主さんが希望を持ってくれたらいいなと思っています。

☆MASUMIさんのブログでコナの例が紹介されました ←クリック

English

2009年9月28日月曜日

飼い主修行・コナ(4)

コナのトレーニング、やったことはとてもシンプル。散歩の仕方を変えただけなんです。


以前、私たちはコナにつけを教えて、私たちの横を歩かせていました。


引っ張らないなら、少しくらい前に出るのもあり。


時々私を見上げて満面の笑み。この散歩の仕方が間違っていると思ったことはありませんでした。

でも!コナの場合、この歩かせ方ではダメだったのです・・・

引っ張らずに横を歩いているからといって、コナの意識がいつも私たちにあるわけではなく、すぐ他のことに気を取られていたからです。


コナのトレーニングは、コナに私の後ろを歩かせること。散歩中、コナが少しでも前に来たらぱっと方向転換します。すると、コナはびっくりして私が行く方向が気になり、常に私に意識を向けるようになるというものです。


毎日朝夕、私の後ろをついて歩いて・・・


ついて歩いて・・・


ついて歩いているうちに・・・


コナの中に「ゆみたんにちゃんとついて行かなきゃ」と言う気持が育ち、私と意識がつながり、身をゆだねて歩くようになって来たのです。

この調子で一緒に頑張ろうね、コナ。

English

2009年9月27日日曜日

飼い主修行・コナ(3)

私の飼い主修行は、先ず自分の犬を理解することから始まりました。

暴れるコナの心理をトレーナーさんが分析して細かく説明してくれました。コナの心理状態を理解することで、何故その訓練をするのかを納得して行うことができました。

コナの問題は、私にリーダーシップが取れていないことにありました。



コナはもともと子分でいるのが得意な犬です。主人に従うのを心地よいと感じる犬です。そんなコナがリーダーになってしまった時、コナには大きなストレスが掛かります。

平常心のコナは、私の言うことをよく聞く優等生。でも、外敵がいない所でコナが私をリーダーと思っていても、犬を見て怖いと思った瞬間、コナの心の中から私は消えてしまいます。コナはリーダーがいないから「自分でやるしかない!」と、自主的に攻撃態勢に入ってしまうのです。

トレーニングの課題は、コナに、いつでも私と一緒にいる!という意識を持たせること。でも、どうやって?

(つづく)

2009年9月26日土曜日

体重測定 III

ルピコナを連れて町まで行ったので、SPCAに寄って体重測定をしました。


ルピタ、動かないで!


ルピタは、20.54キロ。


次はコナ。


コナは、20.52キロ。

コナより小さいけどがっしりしているルピタ、ルピタより大きいけどほっそりしているコナ。ほぼ同じ重さでした。

English

2009年9月25日金曜日

飼い主修行・コナ(2)

コナと一緒にトレーニングを始めて半月経ちました。トレーニングの成果が出て、コナはまるで別の犬のようになりました!

【BEFORE】半月前、トレーニングを始めた頃。
(ビデオです。▶をクリック)

犬を見て、恐怖心が抑えられず暴れています。

【AFTER1】昨日のコナ。
(ビデオです。▶をクリック)

犬が来ても、コナの意識は私にあるのがわかります。

【AFTER2】昨日のコナ。
(ビデオです。▶をクリック)

犬が来ても、私の後ろを従順な姿勢で歩いています。

昨日私が嬉しかったこととは、このコナの変化です。他の犬を見ても、以前のようにパニックにならず、落ち着いてリラックスしています。何よりも、暴れる度にコナが感じていたストレスを少しでも和らげてあげることができた安堵感でいっぱいになりました。

コナは、まだすっかり治ったわけではありません。この調子でトレーニングを続けていきます。いつでもコナの心が穏やかでいられるように。

どんなトレーニングをしたの?どんなトレーナーさん?などについては、また改めてアップします。


コナ「ゆみたん、まさかコナの暴れん坊ビデオ、ブログに載せてないよね?」
ルピタ「うーん、載せちゃったらしいよ」

English

2009年9月24日木曜日

うれしい日


今日はコナのことで嬉しいことがありました。涙でウルウルになりました。

ありがとうコナ。

English

2009年9月23日水曜日

ほうき

朝夕少し涼しくなったとはいえ、今日も日中は32度。まだまだ暑い香港ですが、ルピコナの秋の換毛期が始まったようです。

床に落ちた犬の毛を掃くためにほうきを出して来ると・・・

コナはソファの後ろに避難。コナ、ほうきが怖いんです。


怖いものなしのルピタは、ほうきを見せても・・・


ほうきで掃いても動じません。


掃き掃除中のルピコナは、いつもこんなポジションです。

English

2009年9月22日火曜日

布のフリスビー


ルピコナの届かない所にしまってある特別なおもちゃ、布製フリスビー。ルピコナが大好きなおもちゃですが、それぞれ違う遊び方をします。


スコットに遊んでもらっているルピタ。


このおもちゃならキャッチできます。


「たのしいな♪」


飛んで来るものは布製でも怖いコナ。


そおっと手を伸ばして・・・


「飛んでなければ怖くないもん。カミカミ」

English

2009年9月21日月曜日

日曜日のお昼寝 II


お昼寝中のスコットとルピタ。


舌がチョロッと出ています。

English

2009年9月20日日曜日

足まくら


コナがやって来て・・・


スコットの足を枕にしてゴロン。


コナのためにじっとしているスコットと、コナの真似してるルピタ。

English

2009年9月19日土曜日

ジョギング

昨日からジョギングを始めたスコットと私。今朝もルピコナと一緒に走りました。私はすっかり体力が落ちていて、全速力で走っているつもりでも、ルピコナが歩いてついて来れる速さ(遅さ!)でした。


ジョギング後、コナとささやかな達成感を分かち合う私。

English

2009年9月18日金曜日

ほどほどに

トレーニングから帰ったコナが、留守番していたルピタの側にパタンと横になりました。

「うひゃ~」


「どうしたのコナ?」


「トレーニングでもうクタクタ」


「ゆみたん!頑張るのもいいけど、ほどほどにしてあげてね」

English

2009年9月17日木曜日

ハグ&キス


ハグハグ。


チュッ!

English

2009年9月16日水曜日

台風コップ

香港に台風が来ました。


強風で倒れた木。


台風が通り過ぎた後も、まだ強い風が吹いていました。


強風の中に立つルピタ。

ちなみに香港では台風は台風〇号とは呼ばず、アジアになじみのある名前で呼ばれます。今回の台風の名前は日本語名で、台風コップ(Typhoon Koppu)でした。

English

2009年9月15日火曜日

ほんとだからね


「るぴたん、あそぼ!」
「ねむいの、あとで」あくびで答えるルピタ。


「そんなこと言わないで。さあ、行くよ!」


「いちにの・・・」


「さんっ!」


「あ~そ~ぼっ!」
「グーグー・・・」


「もうっ!るぴたんが遊んでくれないなら、コナももう遊んであげないからね」
「グーグー・・・・」


「ほんとだからね!」
「・・・・」


「ほんとにほんとにほんとだからね!」
「・・・・」

English